LLC合同会社の解説 | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

LLC合同会社の解説

LLC合同会社設立の解説

LLCのメリット・デメリット

LLCのメリット
手続きが簡単で、費用も安くすむ以外に、3つあります。

1)、有限責任制
現在の合名会社、合資会社は無限責任社員が会社の債務を負うという無限責任制度です。会社が支払えない債務を構成員が最終的に負担するという大きなリスクがあります。ところが、このLLCは、旧有限会社や株式会社と同じく有限責任制なので構成員のリスクは出資金の範囲に限られこれ以上負担することはありません。安心して業務に専念できますね。
2)、内部自治
会社といえばその機関としてまず株主総会や取締役会を考えますが、LLCではその設置をするかしないは自由です。会社機関を出資者同士で自由に設計することが出来るのです。通常業務執行社員を誰にするかという決め方が多いです。また、各構成員の出資比率の多い少ないに関わらず、貢献度に応じて利益配分や議決権を決められることもあげられます。定款に定めることによって可能になります。決算広告をする義務もありません。

3)、株式会社へ組織変更可能(法人格あるので)
LLCは法人格を持つ持分会社です。「法人格を持つ」とは、対外的に窓口を一本化できるということです。会社の名前で土地の登記もできます。会社法の枠内で、容易に組織変更が出来ます。2005年8月に創設されたLLP(有限責任事業組合)とは異なって、法人格があるので、株式会社からLLCへの組織変更が可能です。またその逆に新会社法の範囲内で、持分会社たるLLCから物的会社たる株式会社へ移行可能です。新規に株式会社を設立する場合に必要な公証人役場での定款認証がこの組織変更では不要なのです。

LLCのデメリット
LLP(有限責任事業組合)は構成員課税の形式で法人課税と個人の所得税の二重課税を避けていますが、このLLCは法人課税に限定され、株式会社と同様です。
株式会社という物的会社とは異なり、LLCは人を中心に考える持分会社に分類されるので、株式譲渡に相当する持分譲渡が限定的です。広く資本を募り事業を拡大していくには物足りないかも知れません。

 前のページ LLC設立手続費用と流れ
 次のページ LLC合同会社組織の活用