古物商許可 | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

古物商許可

古物商許可申請のご案内

古物商営業許可1

古物商営業許可1

ものがあふれている時代です。不要なものを処分したり、また最近は古着屋で服を買うこともあるかもしれません。古物の委託販売、買い取り、仕入れ等を商売(副業も含む)として行うためには、古物商許可が必要です。中古品買取・販売、中古車販売、古美術商はもちろん、ネットオークションやフリーマーケット、リサイクルショップで商業行為を行う場合にも許可を要します。
古物の取り扱いに許可申請を必要としている目的は、盗品が換金されるのを防止することです。そのため、この古物商の許可については警察署(公安委員会)が行うこととなっています。もし複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。

【古物商営業許可の分類】
下記のように分類される、古物営業を営むためには、各都道府県公安委員会の古物商の許可(届出)が必要です。

1.古物商
古物の売買、交換する営業(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得なければ営むことができません。
古物営業を営むため、公安委員会から許可を受けた者を「古物商」といいます。

2.古物市場主
古物商間での古物の売買、交換するための市場を古物市場といいます。古物市場の営業を営むため、公安委員会から許可を受けた者を「古物市場主」といいます。

3.古物競りあっせん業(インターネットオークション)
インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と買い受けようとする者との間でオークション(競り)が行われるシステムを提供する営業のことをいいます。
インターネットオークションを営む者を「古物競りあっせん業者」といい、公安委員会への届出が義務付けられています。
 

【古物商許可取得の現状】

古物商許可を受けるためには、申請に必要な書類の収集・作成が必要です。
申請から許可が取得できるまで、1ヶ月程度を要しますので、営業をいち早く開始するためには、できるだけ申請までスムーズに進めることが望ましいでしょう。
しかし、初めて手続される方は、警察署へ事前相談に行ったり、書類の収集・作成に時間を割かなければいけません。
当事務所のサービスは、申請窓口との交渉や申請に必要な書類収集・作成など、煩雑な手続きをお客様に代わって行い、古物商許可取得のお手伝いをすることです。
地域や事案によって異なる煩雑な申請手続きにも幅広く対応しており、古物商許可申請に関して不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

なお、古物営業法に違反すると、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」で許可取消しとなり、その後5年は古物商にはなれませんので実質的に廃業となります。

最近では法令遵守が已然にもまして要求されておりますし、古物商許可を取得しておくことは業者としての信用を得るためにも不可欠です。

 次のページ 古物商手続費用と流れへ