旅行業登録よくある質問FAQ | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

旅行業登録よくある質問FAQ

旅行業新規登録申請についてのQ&A

  1. 旅行業新規登録申請するために資格が必要ですか?
  2. 旅行業を業務として行うためにはなぜ観光庁や都道府県の許認可・登録が必要なのですか?
  3. 旅行業務も細分化されているようですが・・・・・・?
  4. 基準資産額とは、何ですか?
  5. 基準資産額は、資本金ですか?
  6. 基準資産額に満たない場合には、どう対応するのですか?

質問: 旅行業新規登録申請するために資格が必要ですか?

回答:

総合旅行管理者又は国内旅行管理者の資格を持った役員や社員が必要です。

質問: 旅行業を業務として行うためにはなぜ観光庁や都道府県の許認可・登録が必要なのですか?

回答:

一般消費者(旅行者)の保護のためです。旅行は目に見えない商品ですので、一定額以上の供託金、保証協会分担金を積まなければ、許認可・登録を与えない仕組みにして、一般消費者(旅行者)の保護を図っています。

質問: 旅行業務も細分化されているようですが・・・・・・?

回答:

旅行業第一種、旅行業第二種、旅行業第三種も大きく分かれています。一種が幅広く業務が可能になっています。一種は、募集企画旅行も受注企画旅行も、海外について企画できます。

質問: 基準資産額とは、何ですか?

回答:

基準資産額は、最低保有していなければいけない最低額といいます。基準資産額の算出には、最終事業年度の決算書による貸借対照表に基づき主に算出されます。 資産から、負債、営業保証金額又は弁済業務補償金分担金額、不良債権や繰延資産等を引いた額が登録業務範囲ごとに定められている額以上になることが必要です。
旅行業第一種は3000万円、旅行業第二種は700万円、旅行業第三種は300万円です。

質問: 基準資産額は、資本金ですか?

回答:

資本金が基準資産額以上ということではありません。例えば、第2種旅行業を営もうとする者の資本金が700万円以上でなければならないと言うことはありません。

質問: 基準資産額に満たない場合には、どう対応するのですか?

回答:

基準資産額に満たない場合には、増資等の処置をとるか、資産又は負債の評価額が、貸借対照表の価格と異なることが明確なときは、再評価額をもって再計算します(例 不動産・有価証券等)。資本金を増やす、増資が一般的です。

FAQ engine from DiamondSteel 
 前のページ 旅行業登録申請手続