LLP有限責任組合設立 | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

LLP有限責任組合設立

有限責任事業組合Limited Liability Partnership設立のご案内

設立が簡単! 設立費用が安い

LLP有限責任事業組合

LLP有限責任事業組合

LLP(有限責任事業組合・Limited Liability Partnership)とは、2005年8月から設立することが出来るようになった新しいタイプの事業形態です。LLPは、株式会社と比較して、設立の手間や費用が少なく、さらに設立後も柔軟でスピーディーな経営が可能です。 個人や企業がもっと気軽に組織を起こすことができる制度です。株式会社のような法人組織ではなくて、民法上の組合をモデルにした特例として作られました。「モノ」をベースにした「株式会社」と、「ヒト」をベースにした「組合」の「いいとこ」を融合した組織ということがいえます。

今後はシニア層、女性層、若者層から、「個人の専門知識やノウハウを使った専門企業」が生まれてくると予想されます。

株式会社は、意思決定に関して1株1票の原則があり、出資比率の高い株主が経営上の意思決定の大きな影響を持っています。出資比率の少ない者は、能力が高く会社への貢献度が高くても正しく報いることがしにくい制度でした。

民法組合は2人以上の参加者が出資して共同事業を行う契約を締結して成立します。しかし損失が出た場合に全組合員に無限責任が求められ、なかなか事業化が踏み切れなかったのです。たとえば、これまで映画制作をする際には、製作委員会と呼ばれる任意投資組合を設立することが多かったが、製作委員会は参加者が無限責任を負うことや部外者などが参加し難いとの問題もありました。しかし、有限責任、内部自治、税制面での恩恵があるLLPのかたちが取られることになったとの事です。
 

 

 次のページ LLP組合設立手続き費用と流れへ