決算・会計記帳の解説 | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

決算・会計記帳の解説

決算・会計記帳の解説

【会計に関する用語解説】

会計伝票入力作業2

会計伝票入力作業2

・貸借対照表(BS)
ある一時点の財務状態を明らかにする財務諸表の一つ。バランスシートとも呼ばれる。
一般に財政状態とは、資金の調達源泉と資金の運用形態の状況のことを指します。
基本的に貸借対照表は、
調達した資金を投資して利益を獲得する資本循環の一時点を示しています。
・損益計算書(PL)
企業の経営成績を表すのが損益計算書。
一会計期間の収益と、対応する費用を全て対応させて、当期純利益を計上します。
これによって、利害関係者はこれからの企業の収益力を判断します。
なお、期間計算には大きく分けて当期業績主義と包括主義の二つの考え方があります。
・売上原価
売上高に対する商品の仕入れ原価、
もしくは製造原価のことを言います。
各売上原価の計算方法は・・・
商品売上原価=商品期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高

 

・一般管理費
一般管理費とは
企業の販売活動及び一般管理活動によって発生した費用のことです。
一般管理費(総務や企業全般に関わる管理)には、管理部門の人件費や交通費などがあります。
・経常利益
企業の本業による儲けである営業利益に、
資金調達コストである財務活動や投資活動による損益を加えた利益。企業全体の収益力を示します。

・法定福利費
厚生年金や健康保険といった社会保険料は、企業と従業員が折半して支払うことになっています。
このとき、企業が支払った分を経理上は法定福利費として計上します。

【会計に関する勘定科目】
記帳・経理処理を行う際に最低限必要だと思われるもの。
【売上金額】に関連する記帳・経理の勘定科目は2科目
売上→請求書を発行した際などに計上
雑収入→事業に関係する収入で、営業活動以外から得られた収入

【売上原価】に関連する記帳・経理の勘定科目は3科目
期首棚卸高→期首の在庫・仕掛を計上
仕入→商品・材料の購入の際に計上
期末棚卸高→期末の在庫・仕掛を計上

【経費】に関連する記帳・経理の勘定科目は12科目
租税公課→税金の支払を計上
水道光熱費→電気、水道、ガス代を計上
旅費交通費→電車、バス、駐車場代を計上
通信費→電話、切手、インターネット代を計上
広告宣伝費→広告代を計上
接待交際費→事業に関連する接待費用を計上
消耗品費→ガソリン、消耗品代を計上
減価償却費→固定資産のうち、当期に経費にできる金額を計上
福利厚生費→従業員の福利厚生に関連する費用を計上
給料賃金→給料・アルバイト・家族の給料を計上。ただし、個人事業の場合は、家族の給料は別科目で処理
外注工賃→外注先へ支払った費用を計上
地代家賃→事務所、店舗、土地を借りた際に支払う金額を計上

記帳・経理に最低限必要な勘定科目は以上です。
勘定科目はたくさんありますが、ここでは最低限ということ。

 前のページ 決算・会計記帳
 次のページ 決算・会計記帳の流れへ