手続き費用と流れ | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

手続き費用と流れ

一般社団・財団設立に必要な費用
以下はあくまでも標準的な一般社団一般財団の設立の料金表です。当行政書士事務所は電子定款に対応しておりますので、定款の電子作成により印紙代4万円が免除されます。
但し、出資の形態、法人による出資、現物出資等場合は別途料金が加算される場合があります。
設立登記申請、税務関連設立届等を行う提携司法書士、提携税理士の料金は以下に含まれております。
含まれる内容税抜き金額消費税
税込み金額
法定費用登録免許税の印紙代60,000円無し60,000円
公証役場の定款認証費用(定額)
50,000円無し50,000円
公証役場の電子定款印紙代
(紙ベースの場合は40,000円)
0円無し0円
当事務所への
事務手数料
[]全部お任せコース[]
電子定款内容作成、議事録等法務局提出書類作成
その他市役所、税事務署等への法人設立届出代行のフルコースです。
全部任せてしまいたい方、多忙な方、時間と労力を節約したい方向きです。
120,000円
9,600円129,600円
[]書類作成お任せコース[]
電子定款内容作成、議事録等法務局提出書類作成
一番時間がかかる書類作成を専門家に任せるタイプの方向き(当事務所のスタンダードタイプです)
100,000円

8,000円108,000円
[]定款作成コース[]
電子定款内容作成のみ
基本的にご自分でするが、定款作成のみ任せるタイプの方向きです。
30,000円

2,400円32.400円

一般社団法人設立の流れ

一般社団法人設立の流れ    法人設立手続きについては、定款に記載する基本的な事項(法人名、事業内容、主たる事務所の所在地、役員、設立時の社員など)を決めていただいた後は、手続きの一切は、当事務所が行います。
 当五十嵐事務所STEP お客様
1STEP1基本事項の確認
 ・商号・目的・本店予定地
 ・設立時の資本金
 ・発起人・決算期はいつ?
2定款の起案STEP2
 ・商号・目的の調査
 ・機関組織の検討
3定款内容の公証人との打合せSTEP3
定款の電子化の後、
定款データを公証役場に送信
4STEP4電子定款委任状委任状作成
 ・実印&印鑑証明書
5定款認証手続き:公証役場
STEP5
6STEP6出資金相当額払込
     :発起人個人口座に
 ・設立時役員選任
 ・代表理事選定
7会社設立登記STEP7
  by提携司法書士
8成立後の税務、社保書類提出STEP8会社成立後、
    銀行口座を法人名義に
 by提携税理士、社労士
 前のページ 一般社団財団設立
 次のページ 一般社団財団法の解説