【経営】 会計記帳決算 | 会社設立・許認可・経営支援フォーラム

【経営】 会計記帳決算

決算・会計記帳のご案内

<はじめに:伝票整理・経理決算書作成は、当事務所にお任せ下さい!>

「いつかはなぁ…と思うのだけど、面倒でついつい後回しにしてしまうんだよね・・・」

会計記帳・決算書作成

会計記帳・決算書作成

「気がつくと決算時期が近づいて、あわてて請求書や領収書をかき集めることになってしまう・・・」
本来単純な記帳・経理業務も、本業で手一杯の事業主にとっては大変な労力を使うことになってしまっているようです。やはり日本の会社の95%以上は、大企業ではなく中小企業ですから、専門の経理担当者がいる会社はごく少数です。そんな、中小企業の事業主向けに、経理や帳簿に関する悩みを解決させてください。
行政書士事務所は、「事実証明に関する書類」について、その作成及び相談を業としています。「事実証明に関する書類」とは、主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類、定款、各種議事録、申述書等のほか、このページの会計帳簿・会計記帳があります。税の申告は税理士の業務ですが、行政書士は「日常の経理業務から決算書作成まで」お手伝いすることができます。

「担当部署の仕事」
証憑(納品書・請求書・領収書など)に記録

元帳の作成(仕入先元帳・得意先元帳など)

「経理の仕事」
証憑の整理・保存

仕分けを起こし、記録

仕分けの内容を、それぞれの科目に分類して集計

集計結果を決算書などにまとめ、外部報告・内部で管理

この表の「経理の仕事」は、当事務所に外注して頂くことが可能です。証憑、元帳から、当事務所が機械入力していくことで、会計帳簿を整理されるようになり、機械打ちされた最新の経営情況が把握できるようになります。
これにより、各種許認可を受けることや、融資・補助金を受ける場合の資料作成もスムーズになります。
安心して本業に専念することができる環境を提供することが、当事務所の記帳・経理代行サービスです。

メリット~当事務所の特徴

会計基礎データ・許認可・経営改善計画

会計データ基礎・許認可・経営改善計画

会計帳簿をしっかりつけていくことについてデメリットはないのですが、これもひとつの業務ですので、簿記の知識のある社員を雇用したりしてスタートするのは大変です。この負担がデメリットでしょうか。この負担の一部を当事務所に外注していただくことで、お客様の事業所は大きな費用を軽減することができると思います。

当事務所は会計事務所ではなく、行政書士事務所ですので、他のページで紹介している各種許認可や経営革新計画による融資・補助金との関係で、ひとつの経営支援の基礎として位置づけています。
したがって、日々の会計伝票整理と決算書それ自体は、税務申告の基礎になることはいうまでもないのですが、これが許認可取得と経営革新計画と結果的に結びつき、経営の効率化と拡大を図っていくのが当事務所の特徴です。
 

 次のページ 決算・会計記帳の費用へ